--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-30

パチストのような「デトロイト・メタル・シティ」

 戦争映画「男たちの大和YAMATO」(2006年)で、国難に殉じようとする軍国青年を演じた松山ケンイチが、田舎出の冴えない音楽青年とカリスマ性を持ったヘビィ・メタルのヴォーカリストを演じ分けた映画「デトロイト・メタル・シティ」を観ていて、ふっと、かつて「東映映画の三十年」(1981年)というテレビの特別番組に出演していた萬屋錦之介を思い出しました。

 錦之介と松山ケンイチが似ているという意味ではおまへん。

 はるかな以前、東映時代劇でスターとなった錦之介(当時は中村錦之助)が往時を振り返り、伊藤大輔、内田吐夢、田坂具隆、今井正など、当時、巨匠、名匠と呼ばれていた監督たちとの出会いを通じて自分の来し方を語っていたんですね。

 「俺はこういうことができる、こうやったら誰にも負けないって思っていたところ、君にはこういう面があるんだよ、こういう才能があるんだよと自分では気付かなかったことを気付かせてくれた、そういう
人たちでしたね」

 発言内容は正確ではありまへんが、だいたい以上のような主旨のことを錦ちゃんは言っていました(今、正確さを確認しようにも録画してあったビデオにカビが生えたため、すでにジャンクして手元にあらしまへん)。

 そう言えば、森本薫の名作「女の一生」でも、堤家のおかあさんがヒロイン、布引けいに言ってますな。
 「誰にでも自分ひとりの願いはあります」

 ちょっと意味合いは違いますが、「デトロイト・メタル・シティ」は、錦之介と堤家のおかあさんの話を合わせ持ったような映画で、主人公の松山ケンイチが喘ぎ、苦しむ映画なんでおます。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。