--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-10

女の子が突っ走った「浪華悲歌」

 大阪・道頓堀筋から芝居小屋が消え、お笑いの小屋が消え、映画の小屋も消えて、この7月には食の殿堂「くいだおれ」も店じまいするということでおます。
 その店の前で、道頓堀名物の一つで、およそ60年、道頓堀筋を行き交う人々に愛嬌を振りまいてきた、くいだおれ太郎もとうとう定年退職になるようです。お疲れさんでした。

 街って、こういうふうにどんどん変わっていくのでしょうね。
 長年なじんできた親しみのある街の一角が消え去ることへの愛惜の気持ちもわからないではありませんが、なくなったものの跡に次の新しいものが現れ、何十年か経って、また選手交代する。こうして、街は生き続けていくんですね。もっとも、最近は選手交代のサイクルが早すぎて、十分街になじんでいた・・・とは言えまへんけど。

 変わったといえば、「くいだおれ」からすぐそば、道頓堀に架かる戎橋、別称・ひっかけ橋もころっと変わってしまいました。
 平成の戎橋やら言うて、相変わらずグリコのおにいさんがバンザイしながらネオン、チカチカしている姿ををバックに善男善女が記念撮影しとりますが、この橋も阪神優勝で興奮したイチビリのダイビングが続出したことや、別称の通り、ナンパの名所となったことなどで、すっかり全国に有名になりました。

 今から72年前のある夜、この戎橋上で欄干にもたれて、道頓堀の水面を見つめている女の子がいました。
 しゃれた帽子をちょこんと頭に載せ、当時まだ珍しかった洋装をしとります。
 名前は、アヤ子。
 彼女はたった今、家を飛び出してきて広い大阪の街で、どこにも行くアテがなく、行き暮れております。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。