--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-15

京おんなが花のお江戸で勝負する「夜の蝶」

 東京・銀座のお水の世界を描いた大映東京作品「夜の蝶」は1957年の製作です。思えば50年前、半世紀前の映画なんですね。
 ガッチリ四つに組んで闘いを展開するのは、この当時、大映映画の看板女優だった京マチ子と山本富士子です。同じく大映の重役でもあった作家・川口松太郎の原作を女流ライターの田中澄江が脚本を担当し、監督は京都出身の吉村公三郎です。
 京マチ子と吉村公三郎といえば、京都の芸者の世界を描いた1951年の「偽れる盛装」で戦後の新しい女性像を見せ、山本富士子と吉村公三郎といえば、同じく京都の染物屋の娘の忍ぶ恋を描いた1956年の「夜の河」でコンビを組んでおり、それまで大根女優といわれていた山本富士子が一躍、その演技が認められた映画としても有名です。
 かつて、吉村監督とタッグを組んだ2人の女優が今度は同じ吉村監督の映画で顔合わせし、どちらも京都のおんなという設定で共演していますが、この「夜の蝶」の舞台は3人には縁の深い京都ではなく、昭和30年代初頭の東京です。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。