--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-27

元に戻った?「新仁義なき戦い 組長最後の日」

 およそ30年ぶりに観ることができた深作欣二監督の「新仁義なき戦い 組長最後の日」は、実録やくざ映画というより、きっちり、実録やくざ映画より前時代の任侠映画でありました。

 「仁義なき戦い」シリーズといえば、東映のそれまでの任侠映画のパターンを覆した実録やくざ映画のトップに立つ作品群として有名です。
 ことに、長年、任侠映画の脚本を担当してきたシナリオライター・笠原和夫が手がけた初期の4作品、「仁義なき戦い」(1973年)「仁義なき戦い 広島死闘篇」(同)「仁義なき戦い 代理戦争」(同)「仁義なき戦い 頂上作戦」(1974年)の連作は、それまでの「俺の目を見ろ、何にも言うな」式のウエットなやくざ映画の方式を根底から覆し、ノンキに相手の目を見ていたら命も取られかねないやくざ世界の抗争を描いた作品群として日本映画史上に記録されています。

 この転換は、かつて、美男美女が出てくる、きれいなきれいな東映時代劇群が「用心棒」や「椿三十郎」などの黒澤明監督によるモノクロの、色気がないといえばない時代劇の出現でぶっ飛んでしまったのと同じくらいの衝撃的な出来事でした。
 ただ、その時代劇の交替と異なったのは、東映時代劇が東宝製という他社の時代劇に駆逐されたのとは異なり、時代劇以後の東映が掘り当てた「やくざ映画」の金鉱を東映自らが趣を異にしたことで、しかも、監督の深作欣二はともかく、それまでの任侠映画を支えてきた笠原和夫自身が従来のやくざ映画を潰してしまったことに驚きがあったのです。

 ところが・・・。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。