--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-26

だから何なのさの「推理作家ポー 最期の5日間」

              推理作家ポー 121024

 日本でも、その名前をもじったペンネームの作家(江戸川乱歩)が現れ、推理小説に多大な影響を与えたとされるアメリカの推理作家、エドガー・アラン・ポーの死の直前の謎を描いた作品でおます。

 といって、ドキュメンタリータッチで描いているわけではなく、そこはお気楽なアメリカ映画なんでおますな。ポーは死の直前の5日間が謎とされているそうでおますが、巻頭、見るからに心身に異常をきたしているポー(ジョン・キューザック)が人のいない公園内のベンチに坐り、思わず顔を仰向けにして空を仰ぐ姿をカメラが俯瞰で捉え、そこから映画がスタートします。
 そして、ラスト、同じシーンが出てきて、つまり、始まりと終わりに挟まれた中身が謎の5日間となるわけでおます。しかし、仰々しいまでの何かありそう? と思わせる巻頭と、中身を観終わった後の終わりを見て、「だから、何なのさ」なんでおます。

 もちろん、中身の5日間のお話は創作(脚本=ハンナ・シェークスピア、ベン・リヴィングストン)でしょうが、こけおどしの物々しさで、中身はアメリカ流のスリルで味付けした活劇でおます。
 ポーの小説の内容通りの殺人が次々に起こり、貧乏でアル中のポーが、一見、厳しそうな、実は抜けていることが多い警視正(ルーク・エヴァンス)とともに犯人を追う話でおます。
 この組み合わせはシャーロック・ホームズとワトソン君でおますな。ですが、真犯人を見つける決め手に無理やり作った粗さがあり、そりゃないでーなんです。
 彼らが犯人を探すうち、ポーの恋人のエミリー(アリス・イヴ)が犯人に誘拐され、土中に埋めた棺桶に閉じ込められてしまうって、こりゃ、一昨年観た「リミット」の女性版かいな?

 最初と最後の仰々しいシーンなどなくても、十分楽しめる活劇になっていたと思うのですけどね…。


スポンサーサイト
2012-09-02

グロいのが好きなんだねぇの「プロメテウス」

               プロメテウス120902

 かつてリドリー・スコット監督の「エイリアン」(1979年)と続くシリーズ作品で、女性宇宙飛行士(シガニー・ウィーバー)がダメ男たちを尻目に独りでエイリアンと闘い、その八面六臂な奮戦ぶりに、ついに世の中、女性の時代の到来か! と思ったものでおます。
 同じ監督の「プロメテウス」にも、パワフルなヒロイン(ノオミ・ラパス)が出てきます。この人、同じ宇宙飛行士の恋人とのエッチで身ごもり、その腹の中の生き物が人間ではなく、ある惑星の未確認生物と知るや、自分独りで高度に機械化された医療設備を使って堕胎し、その手術痕も癒えないまま走り、転び、とても生身の人間やと思われない大活躍をするのでおます。
 しかし、「エイリアン」の時とは異なり、「強い女やな~!」と観ているほうがたまげないのは、「エイリアン」以後の30数年の中で現実に強い女性たちを目にしてきたからでおますんやろうか?
 むしろ、ヒロインの奮戦ぶりは「そんな、アホな!」と思わず笑ってしまうほど、あまりに荒唐無稽すぎて、その天衣無縫なアイデアには小気味よさすらおません。とはいえ、荒唐無稽といえば、この作品を貫いているのが、まさに荒唐無稽でしかないのですけどね。

 ツッコミどころ満載ながら、公開中の映画でおますから詳細は「差し控えたい」と思いますが、ボクが解せなかったのは冒頭でおます。
 地球外生物とおぼしき、人間の体を模した真っ白な巨人が瀑布の傍らで薬品のようなものを口に含み、すぐに苦しみ始めて体に亀裂が走り、瀑布の流れの中に落下してゆきますが、この短い巻頭の出来事が編中のどこにつながっていくのか、さっぱり分かりまへんでした。
 律義にパンツを穿いて下半身を覆っておりましたが、あるいは人間が地球外生物に変身し、絶望の末、自ら死んでいったものかどうか…。

 それにしても、アメリカ映画って、こういうスペース物に登場する地球外生物の造型でグロいデザインが相変わらず好きねぇ~。今回もグロさのオンパレードでおました。


2012-02-23

「TIME/タイム」で走って走って その先に

                       タイム1 120222

 近未来の人は25歳を迎えると「時間」を手に入れない限り生命を維持できない世界を描く公開中の映画「TIME/タイム」(2011年、アメリカ、監督=アンドリュー・ニコル)では、貧しい地域の者たちは時間が惜しいから走って、走って少しでも時間を節約します。金持ちばかりが住む地域では富める者たちが永遠とも言える時間を手に入れて優雅に暮らしとります。

 どちらの世界の住人たちも生命をつなぐため、絶えず時間を気にしており、時間に振り回されとります。なにやら近未来であっても、21世紀の現在であっても同じやないかと皮肉めきますが、かといって、この作品は、そんな高尚なテーマで現代社会をチクリとやっているわけではなく、そこは単純明快なアクション好きのアメリカ映画でおます。

 貧しい地域に住む青年(ジャスティン・ティンバーレイク)と、本来なら彼が踏み込むことはできない金持ちゾーンで知り合ったセレブ娘(アマンダ・セイフライド)、彼らの実年齢は28歳と27歳でおますが、「時間」を手に入れることができたおかげで25歳のまんまでおますが、その「時間」を平等にわかち合うことを目的にカーチェイスを展開したり、拳銃をぶっ放したり、大暴れを見せてくれます。
 でも、観ているうちに、これは近未来版「俺たちに明日はない」なん? 果たして近未来版「ゲッタウェイ」なん? って思ってしまったボクは…??

 アイデアは「すげぇー」、エンターティンメント映画でおますな。



2011-10-17

CG満載アクションの「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」

                    猿の惑星111016


 「あら、ここはNYだったのね」のラストが衝撃だった1968年の「猿の惑星」のリメイクなのかと思って観に行ったら、この「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」(監督=ルバート・ワイアット)はちごうとりました。

 むしろ、考えようによっては、あの時、何で人類の社会は人間並みに進化した猿の軍団に取って替わられたのか、その事の起こりを描いたとも受け取れるSF猿の軍団アクションでおます。
 だから、闘いが終わって日が傾きかけた森から猿たち(正確にはチンパンジーやマウントヒヒ)が、目の前に広がるサンフランシスコの街明かりを睥睨するラストは一見、人間と自然との共存を訴えたショットと解釈するもよし、あるいは不気味な、さらなる猿たちの人間への挑戦の予兆とみるのもよしでおます。
 なんせ、日本語タイトルに「創世記」と付記されたサブタイトルが示すように、観客動員数次第では続編があるだろうという予感は濃厚でおますから。


続きを読む

2011-09-24

「アジョシ」の、おじさん孤闘奮戦

アジョシ1110923


 「おじさん」と小学生の女の子にそう呼ばれるのはチョイかわいそうな気もしましたが、公開中の韓国製バイオレンス映画「アジョシ」(脚本・監督=イ・ジョンポム)のウォンビン、カッコよろしまんな^^
 女性うけする甘い表情を残しつつ精悍さを漂わせ、今年34歳になるこのにいちゃん、孤独な男の孤独な闘いをワイド画面いっぱいに展開させてはります。

 知的障害のある青年を演じた「母なる証明」以来のウォンビン主演のこの映画、バイオレンスな世界に生きる(正確には、生きていた、でおますが)男に女の子を絡ませたあたり、フランス映画「レオン」の韓国版めいとりますが、別段、女の子にピストルを撃たせるわけでもなく、ひたすら自らの内にうごめく想いに突き動かされるように女の子を救おうとする男の物語でおます。

 多分、ウォンビン目当てに観に来たであろう、近くの座席にいたおばさまたちは、全編、めまぐるしく展開するハードアクションと韓国映画お馴染みのエグいほどの血の描写に息をのむ思いでおましたろうけど、ラストに至り、しきりに鼻をすする音をさせとりました。
 ウォンビンゆえか、男と女の子との哀しい結末ゆえか?

続きを読む

2011-09-22

久しぶりの恐怖映画は「インシディアス」

インシディアス110923


 部屋数が多くて広々しているからって、んな、誰が住んでいたか分からないような中古住宅に何も好き好んで住むなよな~って言ってしまえば実も蓋もおませんが、久しぶりに観た恐怖映画は公開中のアメリカ映画「インシディアス」(監督=ジェームズ・ワン)でおます。

 「INSIDIOUS」―つまり、隙を狙うとか、知らない内に進行するとか、油断ならないとか、そんな意味でおますな。原題名をそのまんま、日本公開時の映画題名にすることももう長い歴史を持つようになりましたが、外国語でも馴染みのある単語ならともかく、カタカナ表記でも原題名表記でも「何のこっちゃ?」という場合が多々おます。

 この映画の題名もそうで、高校生の時の勉強のお供だった英和辞典にご出座願い、ようやく、その意味するところがわかったような有様で、何のことはない、おのれの語学力の弱さを露呈させただけでおます(恥かかせるなよ、配給会社クン! ひねった日本語題名つけろっていうの!)。

続きを読む

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。