--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-24

 豆腐屋の味だった「青春放課後」

              青春放課後1 131014
              (右から)小林千登勢、宮口精二、西口紀代子

 NHKでよく放送されているアーカイブ番組。膨大な残存映像の中から何かにひっかけて再放送される番組枠でおますが、先日の体育の日の朝、小津安二郎監督が長年住んでいた神奈川県鎌倉市のお友達の一人で、自身の映画でもしばしば原作、原案として協力していた作家の里見弴と共同で脚本を執筆したドラマ「青春放課後」が放送されました。
 小津安二郎があの世に旅立つ半年前の放送で、1963年の作品。まさに半世紀前の作品で、小津の珍しいテレビ作品に驚くより、「よ~う残っとったな」と、そちらの方が驚きでおます。というのも、フィルム作品ならともかく、当時のスタジオ収録作品の多くが生放送だったため、ソフトとして残せなかったことがしばしばテレビ関係者の回顧談として聞かされ、番組を収録するビデオテープがまだ高価だったため、テープに録画しても次の番組で上書き保存されていたからでおます。
 1963年といえば、日本でテレビ放送が始まって、およそ10年。スタジオ制作のドラマ、バラエティー番組はまだ保存ができなかったのですな。たまに古い作品が掘り起こされるというのは、使い回しのビデオテープから洩れていたのかな?

 さて、「青春放課後」、小津さんがよく言っていた「豆腐屋はカンモは作れてもトンカツは作れねぇ」の言葉通り、「お茶漬の味」ならぬ「豆腐屋の味」でおました。
 京都で大学生活を送った教授の宮口精二と会社重役の北竜二が出てきます。宮口精二といい、北竜二といい小津映画の常連でおますが、このおっちゃん2人に絡むのが京都から東京へ遊びに出てきた小林千登勢でおます。この時代、おっちゃんたちが大学生活を送ったのは逆算すれば、小津映画の大学物の時代かなと推測されます。


続きを読む

スポンサーサイト
2013-10-10

小津&里見のテレビドラマ

青春放課後131010
(NHKから拝借です)


 お江戸に住んでいるお友達さんから、小津安二郎監督が生涯を終える半年前(1963年3月)にテレビドラマ用に脚本を書いたNHKドラマ「青春放課後」が再放送されると連絡がありました。
 半世紀前のテレビドラマでおます。共同脚本は、小津映画でしばしば原作、あるいは原案として名前を連ねていた小説家の里見惇でおます。翌年、再放送されているので、今回は再々放送になるのかな?
 結婚適齢期を過ぎようとしている娘のお話といえば、これはもうおっちゃんの独壇場でおますな。映画で繰り返し描いた世界でおます。映画ばかりでなく、テレビの世界にまで持ち込むんかい? とツッコミを入れたら、あの世のおっちゃんから「豆腐屋だもんね。豆腐しか作れねぇよ」と反論が来そうでおます。

 どんな作品に仕上がっているのか、ボクも観たことはおまへんから文句をつける気は毛頭おませんが、それにしても「青春放課後」とはヒドいタイトルでおます。いかにも当時のNHKまんまの堅いタイトルで、老齢を迎えたおじさん2人が脚本を書いているためかと、それこそツッコミを入れたくなります。タイトルだけを見ると、若いころ、さんざんワルさをしてきたおじさんが残り少なになったおのが人生を「時の過ぎゆくままに」過ごしている内容のようにも受け取れますし、適齢期を過ぎようとしている娘さんが主人公なら蝶よ花よの適齢期までが娘さんの青春であり、適齢期を過ぎれば人生の放課後になってしまうのかと、ひねくれた受けとめ方をついつい……ねぇ。
 ネットの情報を垣間見ると、小津安二郎が「テレビへの進出にも意欲的だった」という専門家なる人の意見も散見できますが、はて、どうでおますやろか。この作品一作をもって意欲的とするのは、ちょいうがった見方とも思われます。

 それにしても、適齢期っていつ? でおます。半世紀前までなら結婚話が続々と持ち込まれるのは24歳までということでおますやろか。『25歳を迎えたらお肌の曲がり角』というコピーの化粧品のCMもいつの間にか消えちゃってます。
 晩婚化が進み、かつてなら考えられなかった高齢出産も今では当たり前だし、独身所帯が増加している現代でおます。

 放送は10月14日(日)午前9時からでおます。
 佐田啓二、杉村春子、宮口精二、北竜二など小津映画おなじみの俳優が顔を見せ、適齢期を逃しつつあるおねえちゃんには当時、NHK3人娘の一人だった小林千登勢(あとの2人は富士真奈美、日野麻子)でおます。さすが50年前。適齢期のおねえちゃんを演じた人さえ、あちらの世界に引っ越しておりますな。


 
2013-10-03

倍賞美津子が魅せたシワ

              倍賞美津子131003

 一躍、「倍返し」が流行語になり、最終回が驚異的な視聴率を記録したというテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)が先日、終わりました。
 ボクは途中から参戦したので当初は何が何だかわかりまへんでしたが、東京のシティバンクを舞台にある銀行員(堺雅人)の個人的復讐譚でおました。町工場を営んでいた父親(笑福亭鶴瓶)を首つり自殺に追い込んだ今は自分の上司となっている常務(香川照之)の悪事を暴き、社会的生命を抹殺することに執念を燃やす男のお話でおました(主人公の母親が♪私は泣いてます~のリリィとは気づきまへんでいた^^)。
 毎回、ラストシーンに堺雅人が「倍返しだ!」と意欲を見せり、敵役の香川照之のいつものごとく何の深みもない平凡な演技、堺雅人と半目の人物として出てくるオネエ言葉の金融庁の官吏(片岡愛之助)など、まことにマンガチックなドラマで、主人公にとって常務の社会性生命を葬るということは役員会の満座の中で土下座させることでおました。最終回のラストシーン、カメラを睨みつける堺雅人のアップのショットでは瞬間視聴率は50%以上だったとか。
 復讐を遂げた後、頭取(北大路欣也)に呼ばれ、昇進を期待して胸を張って頭取室に入った主人公に待っていたのは子会社への出向。不正融資で断罪されるべき常務は平取締役に降格でおます。
 この視聴者を裏切る意外な結末。いや、ここだけはマンガチックではなく、ホンマ当然の人事でおますな。金融庁の査察に青息吐息だった頭取の判断はぶれていなかったということでおますな。常務の異動はともかく、常務を土下座させた主人公なんか、企業としては危なくて企業内に置いておけしまへん。それに銀行の危機を救ったとはいえ、主人公の常務への恨みはあくまでも私怨でおます。
 放送後、納得できへんの声もあったようでおますが、まことにもっともな措置でおました。

 ところで、ドラマを彩る人物の一人に倍賞美津子が出演しとりました。
 老舗ホテルの女性専務で、先代社長の信任が厚く、若手社長に代わって自分がホテル経営に乗り出すことを目論んでいる猛女の役でおます。当然、こんな恐いおばさんですから、主人公の半沢と敵対し、ホテルへの不正融資もあって常務一派でおます。
 倍賞さん、アップになるたびに目立ったのが顔に刻まれたシワでおました。
 魅力的といえるほど、まことに美しいシワでおます。
 メイクで作っているのか? と思ったくらいでおます。
 倍賞さんが美人かどうかは異論もおますが、彼女くらいのランク、それも大物人物の役柄を考えれば極力シワ伸ばしに努め、ライトを目いっぱい当ててシワを目立たなくするのが普通でおますが、このドラマでは一切小細工をせず、顔に刻まれた経年を見せとりました。
 男優のシワ顔はいくらでも登場しとりますが、女優でこれほどシワが絵になる人を観たのは「ロビンとマリアン」(1976年)でひさびさに映画に登場したオードリー・ヘプバーン以来。ネットでは「ガッカリした」の書き込みも多いようでおますが、どんなにきれいな肌の人でも人間等しく年齢を重ねるものでおます。
 腹の坐った女優さんって、まだまだいたのでおますな。


2012-09-07

およそ40年ぶりの「女・その愛のシリーズ」

               女・その愛のシリーズ2 120907

 明治・大正・昭和のそれぞれの時代に愛に生きた女たちを、映画界でスターとなった女優たちが演じ、テレビで競演するテレビ映画「女・その愛のシリーズ」(制作=NET<現・テレビ朝日>、東映)がCS放送で始まってます。

 本放送は1973年。というと、かれこれ40年昔の作品でおます。
 前年、映画に見切りをつけ、テレビに活路を見出した監督のマキノ雅弘がプロデュースしとります。のち、マキノは名前を「雅裕」と何度目かの改名をしとりますが、この作品の時はまだ「雅弘」名義でおます。
 テレビに移行すると同時に稲垣浩や村上元三、衣笠貞之助、片岡千恵蔵、長谷川一夫など昔馴染みの映画人などと企画・脚本・監督・主演を分担したおじちゃんたちの時代劇「長谷川伸シリーズ」が好評だったためか、同じテレビ系列でマキノの二度目のプロデュース作品(監督もやってます)でおます。

 本放送時は、まだ昭和の真っ只中でおます。しかし、それから40年を経た現在、昭和を振り返る映画ができるくらいでおますから、早くも昭和はさかさまに覗いた望遠鏡の先のような昔になっとります。昭和が既に時代色を帯びた感覚で捉えられるくらいですから、それ以前の大正、さらに以前の明治など、もはや時代劇でおますな。本放送の当時ですら、まだ明治・大正に生まれ、生きた人たちがたくさん生きて、生活の中にも名残があったとはいえ、その時代に生まれて育っていない者には、やはり遠くへ過ぎた昔でおました。

 このシリーズは、そんな時代を背景にした文学・映画作品の劇化で、前後篇物を含み、全部で26回放送されました。その作品群は小説として読まれるより、舞台・映画・テレビで劇化されて人口に膾炙されたものばかりで、これまた、今ではめったにドラマ化されないというのも時代の流れでおますな。
 その巻頭を飾ったのが、画像にあるように佐久間良子主演の「明治一代女」でおます。川口松太郎の直木賞作品で、脚本が鈴木尚之、監督が黒木和雄でおました。
 以後、松原智恵子の「春琴抄」、浅丘ルリ子の「婦系図」、岸恵子の「鶴八鶴次郎」、岡田茉莉子の「滝の白糸」、中村玉緒の「浪華悲歌」(今では考えられまへん)、岩下志麻の「あにいもうと」、白川由美の「めし」、倍賞美津子・桃井かおりの「祇園の姉妹」、香山美子の「残菊物語」、岡崎友紀の「野菊の墓」などなど、映画とテレビのコラボというより、出し物・女優合わせてテレビへの集団移住の様相でおます(中には映画でスターになれなかった人もいますけどね)。

 おじちゃんたちはとっくに引っ越したけれど、約40年経ても、ほとんどの女優さんが現役組でおますが、こんなのを観るのも秋の夜長の慰みでおます。


2012-06-30

長谷川伸シリーズ 「暗闇の丑松」

               暗闇の丑松1 120629

               暗闇の丑松2 120629

 中断していたテレビ映画の「長谷川伸シリーズ」(1972~73年)を久しぶりに。今後はアトランダムに。
 既に40年前となったテレビ番組で、今回は第18・19話の「暗闇の丑松」でおます。

 ご覧の通り、天下の美男美女と言われた長谷川一夫、山本富士子の主演。
 はずみで恋人(山本富士子)の養母(清川虹子)を殺害してしまい、江戸を売った(逃げ出した)男(長谷川一夫)が数年ぶりに江戸に戻る途中、宿場女郎になっていた恋人と再会。恋人は身を恥じて縊死、恋人の身の振り方を頼んでいた兄貴分(水島道太郎)が自分たちの不幸の原因と知った男は兄貴分の女房(利根はる恵)を殺し、さらには兄貴分も手にかけて役人に囲まれてしまうという、何とも関西弁でいところの、間ンの悪い男のお話でおます。

 当時、既に映像の世界から舞台の世界に活路を見い出していた長谷川一夫、有名な五社協定で映画・テレビの映像の世界を締め出され、舞台に生きていた山本富士子でおます。その後、お富士さんは映画には戻っておらず、テレビへは1965年のスタジオ作品「春琴抄」(1965年)あたりから登場しましたが、舞台に生きている、そんな2人でおますから、ここでも、こってり舞台的な演技を展開してはります。

 ところで、本放送の時は意識しなかったのでおますが、今改めて観ると、この作品、結構おじいちゃんたちが関わったのでおますな。
 というのも、脚本が衣笠貞之助、監督がマキノ雅弘、主演が長谷川一夫。この時、衣笠は76歳、マキノと長谷川が64歳。今なら「64って、おじいちゃん違うでー」と言われそうでおますが、マキノは藤純子引退記念映画「関東緋桜一家」を最後に映画界を離れ、テレビに活路を求め始めたころでおました。
 ここに加うるに、お富士さんは当時41歳。おじいちゃんらの間では若手女優でおますな。

 そういえば、マキノの企画でスタートした、このシリーズにはほかにも稲垣浩や片岡千恵蔵なども監督、脚本、出演者として参画しており、さながら昭和初期の日本映画界の主なメンツがテレビのシリーズ物の一端を担っていたといえます。

2011-08-14

戦争関連番組とテレビと

最後の絆


 すごいですね、毎年毎年、8月の終戦記念日(15日)が近づくと、テレビでは恒例行事のように戦争に関連したドラマや映画、ドキュメンタリーなどが流れとります。
 まるで日ごろのオチャラケなバラエティー番組垂れ流し状態を贖罪するかのように、このシーズンだけ「真面目」になっているかのようでおます。そして、シーズンが終わると再び、オチャラケバラエティー垂れ流しの日々に戻るんでおますな。
 そこには「祭りが終わった後の静寂さ」もおません。

 そんな今年のシーズン企画の1つで、フジテレビ系列放送の「最後の絆~引き裂かれた兄弟の真実~」を観ました。沖縄を舞台に実際にあった兄弟の物語でおます。
 ある意味、沖縄戦の側面史でおますな。出稼ぎのためアメリカに渡った兄(要潤)と、少年兵として沖縄戦に参加した弟(佐藤健)が米軍の沖縄上陸で同じ日本人なのに兄はアメリカ兵として、弟は日本兵として再会する話で、ドラマはモデルとなった兄弟をはじめ、生き残った周辺の人たちへのインタビューを交えて構成されとりました。

 でもね。
 この番組、スタッフもキャストも含めた作り手たちはほとんど66年前の戦争体験のない人たちばっかと思われます。キャストの中でもおそらく最高齢だと思われるのは兄弟の父親に扮した大杉漣で、この人、何にでも出てきて、ちょい安売りしすぎちゃう? ですが、それはともかく、彼は今年60歳なので戦後生まれでおます。

 そんな戦争体験のない作り手たちによる戦争ドラマ、どないなるんか期待したのですがね…。

続きを読む

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。